新卒から3年同じ会社で続けること、転職すること

スポンサーリンク

この時期になると会社の中で、「誰々がやめるってよ」って話がちらほら聞こえてくるかと思います。今年入ったばかりの新卒の人も中には転職、もしくはあてはないけど退職という選択肢を取る人もいるかと思います。石の上にも三年なんて言葉がありますが、割と転職が容認されている社会になってきたようにも感じます。いったいどうすることが正解なんでしょうか。

石の上にも三年

私個人の意見としては石の上にも三年という言葉も、転石苔むさずという言葉も、あまり好きではありません。言葉自体が好きでないかというと、そうではなく、会社にこれからも在籍するのか転職するのかという帰路に立った際に使うにはあまり適さないような気がするからです。

“A rolling stone gathers no moss”(転がる石に苔むさず)

英語にも似たようなことわざがあって、これに関しては全く異なる解釈をするようです。転がる石はいつも綺麗で苔がむすこともない。どちらかというと前向きなとらわれ方をするようです。新鮮とか変化に富むとか、そう言った意味で前向きです。
一つの慣用句でも世界中で見れば、言葉の生まれた環境や文化が違うわけですから当然といえば当然ではあります。

しかしながら、会社に属す働き方をする人にとって投げかけられる「石の上にも三年」という言葉は、「まぁそんなこと言わないで三年はやってみなよ、まだまだ学ぶことも多いんだから」こう言った意味合いで投げかけられるのだと思います。確かにそうだと思います。三年やってやっと見えて来る仕事の仕方や勘所など、まだまだ同じ仕事をする中でも発見や気づきは多くあると思います。どの仕事でも学べることというのは多分にあるでしょう。その仕事に興味や関心がないとしてもです。

三年はやっていないといけないのだろうか

結構どのような仕事をするにしても「三年は続けてみなよ」と言われることってあるんじゃないでしょうか。割とよくきく区切りかと思います。逆のパターンで同期同士で集まって、今の仕事が大変だ、そんな話になった時ですが、その大変だという当人から「でも三年は頑張ってみるよ」そんなケースもあるんではないでしょうか。
じゃぁこの三年ってどこから来たのでしょうか。
答えをみつけられる人はいるのでしょうか。
いない。そう個人的には思います。この三年というのは特に意味を持たない、そう思います。
相当大きなプロジェクトで何年もかけて進めていくというようなものでもない限り、だいたい一年で仕事が一巡していくのではないでしょうか。第一四半期、第二四半期、第三四半期、そして決算。どの会社であれ一年通してこのサイクルを延々と繰り返していく。そんなところじゃないでしょうか。一年を通して、取引先とのやりとりもルーティーンになっているものもあれば、新規開拓で会っても年間の目標を追っかけてそれを達成できたのかどうかで一年を締めるわけです。

二年でいいんじゃないの?

一年目については右も左も分からない状態、やる仕事やる仕事、人に聞いて真似をしてから始めて、結果が良いにせよ悪いにせよ、一年が終わることと思います。
二年目になれば、ある程度の作業は自分でこなせるようになり、新しい新卒の人を迎え、一部の仕事は教える立場になるかと思います。昨年やった一年の仕事の流れで二年目の一年間はある程度仕事の予測も立てられますし、社会全体の動き方お金の流れ、業務の流れを少し把握できているため、一年目よりも効率の良い仕事が可能です。
ある程度リラックスできた状態で取り組めるようになっていると思います。
その上で一年目と大きな流れで見るとだいたい同じ仕事に取り組むわけですが、まだまだあれを覚えないと、これをこうしたらもっといい、そういったことを考え、改善しようと取り組むことと思います。だいたい同じ流れの来年のために。
二年でいいんじゃないの?
もしここで転職したいと思うのならばそれでいいと、私個人は思います。三年目も多分同じです。そこには間違いなく一年目、二年目と比べれば少し磨かれた自分がいるでしょうが。
そもそもが入り口違ったんじゃないの?そう思うのならばもう一度進む道を決めなおすということも、大いにアリなんではないでしょうか。

自分に最適な仕事

この考えが初めに来てそれを探すために辞めよう。とりあえず辞めよう、転職しようと思うのならばそれは一度立ち止まってでもよく考えたほうが良いと思います。
あくまで二年でいいんじゃないの?というのは未来の自分の想像と、本来歩みたかった自分の像がずれている時にという意味です。
そもそものその像がまだぶれているのなら続けるべきだと思います。

あくまで今自分はどうしたいのか。これが定まっていることが重要だと思います。

超絶ブラック

論外です。自分の体は大切です。同様に精神も大切です。これがもし攻撃を受けているというような状況になるのなら転職は英断です。とりあえず退職も正解だと思います。

まとめ

多少強引ではありますが、もし今の会社にいることが将来像に近づける手段というのならばい続けるべき。全く違う、得るものはあるけれども延長線上に将来像がないということであれば思い切って転職みるのも一つの選択肢のように思えます。
しかしずっと同じ将来像を持ち続けないといけないということでもありません。何か経験する中で形作られ、形を変え形成されていくものだと思います。これだ、というくらいまで固まった将来像がどんな姿になるのかわかりません。今の仕事の延長線上にあるとも保証ができません。
ただその像を見つけることができた人には頑張って欲しいです。

知り合いが会社を辞めるということになり、自分の過去と照らし合わせて考えてしまったので乱文ですが記事にしてしまいました。
どんな道に行こうが頑張って欲しい。そう思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です