革靴の選び方。6つの形を知っておけば大体OK!ビジネスシューズを初めて買う人向け。

スポンサーリンク

仕事の関係上いわゆる革靴、お店ではビジネスシューズ・ドレスシューズなんて呼ばれている靴を履いています。
何を履いたらいいの?って人のために、ブランドなどは置いておいて、基本的な革靴の形を
書いてみたいと思います。

つま先の形から選ぶ

ストレートチップ

これは一足持っておいたほうがいい基本的な形です。冠婚葬祭でももちろん問題ありません。個人的にも一番好きな形です。フォーマルな場所に何を履いていくか迷ったらこれ一択だと思います。

ウイングチップ

Wの形にステッチが入ったタイプです。鳥の翼のように見えるからウイングチップでしょうか。クラシカルな雰囲気があります。ストレートチップと比べるとカジュアル寄りの形です。

プレーントゥ

ステッチなどがない、つるっとした形のものです。デザインでは一番シンプルです。

他にも、ブローギングとかパンチングなどと呼ばれる飾り穴があるタイプもあります。

  • フルブローグ
  • セミブローグ
  • クォータブローグ

上から順番に飾り穴の多いものになっていますが、多ければその分カジュアルよりと考えていいと思います。飾り穴を設けることによって、デザイン面も華やかになりますが、他に表面積が増えるため濡れた時に乾きやすいという実用的な面もあるとどこかで聞いた気がします。やはり実用的な面が強くなればフォーマルな場面からも離れていくと考えてもいいと思います。

羽の形で選ぶ

靴ひもを解き、外した時に紐で結んでいたところをグッと開いた時、形状の違いがよくわかると思います。

内羽根

開いてみてもV字にしか開かないものを内羽根と言います。靴のアッパーに凹凸が少なくデザイン面でもスマートな形でフォーマルよりといえます。個人的にはこちらの方が好きな形です。

外羽根

外側に向かって大きく開くことができ、靴を履いたり脱いだりが楽にできます。そう言った場面の多い方にはオススメの実用的な形といえます。

基本的な形は6つ

他にもアッパーが一枚革のホールカットや、靴ひもではなくベルトで締めるモンクストラップ。つま先がUの字になっているUチップなどもあります。様々な形状があるのですが、初めて革靴を買うような方や、何が何だかわからないという方は冒険せず上記の6通りの組み合わせから選んでみてはいかがでしょうか。
オススメは黒色のストレートチップで内羽根になっているものです。仕事にはもちろん、結婚式などに履いていっても恥ずかしくない伝統的な靴。ブランドや、ソールが交換できるかなんかは二の次です。

上記6つの組み合わせであれば、スーツに合わせて履くときも問題ないかと思います。まずはつまらないかもしれないですが基本的な形の靴を買うことをオススメします。だんだん他の靴にも興味が出てきた時に違う形を買い足したりして幅を出せばいいと思います。

まず一足目で迷っているような方の参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です