引っ越しすることにしたので手続きについて!相場とか料金内訳を調べてみたよ。

スポンサーリンク

まだデータがありません。

少し前に賃貸物件の探し方について記事を書きましたが、実際に契約をし、引越しする日が近づいてきました。一連の手続きを通して、引越しに関していろいろと勉強したことがあったので備忘録として書いてみたいと思います。

手続きについて

493fea747561ae8d1e77b0f46c2e882f_s
今は不動産会社が提携している引越し会社を紹介してくれる他にネット上に各社一括の査定サイトがあります。
今回は査定サイトに登録し、一括問い合わせを行いました。

電話番号を登録しないとほとんど連絡なし

査定サイトで問い合わせをしたところ、電話番号の記載をせずに送ってみました。
意外というのもおかしいですが、メールですぐに見積もり料金を提示してくれたのが1社。

他に3社は自動返信メールのような文面で「訪問査定をお勧めします。」というようなメールが入りました。

あまりメールでの対応は力が入らないのかもしれません。

結局こちらから1社電話をかけ訪問査定をお願いすることにしました。

引越しの費用に相場はあっても定価はない

  1. 車両費
  2. 人件費
    この二つが引越しに関わる費用のほぼ全てです。
    他に何か費用がかかるかというと、付帯する作業「エアコンの取り外し・設置」「洗濯機の取り外し・設置」などです。
    しかし、付帯する作業に関しては任意です。
    最近の賃貸物件に関してはエアコンが付いているものも多く、取り外し・設置が不要な場合も多いでしょう。

ですので、基本的にどのサイズの車両が必要になるか、人数は何人必要かという具合に料金が決まってきます。

車両費について

車両については、荷物の量によって大きさが変わります。

会社によって用意できる種類は違うと思いますが、
大手の会社であれば軽トラックくらいの大きさから全長12mくらいある10tトラックまで対応可能です。

一人暮らしの荷物が少ない学生くらいの人なら、軽四か2t車くらい。
荷物が多めな一人暮らし、もしくは夫婦ふたり暮らしなら4t車くらいでしょうか。

この車両のタイプと引越しにかかる移動距離で大体費用が決まるようです。

人件費について

人件費についても同様に荷物の量によって人数が変わります。

ただこの部分は何人作業員として人を配置するかは会社によります。
また、どちらかというと総費用の中で比較的流動的なのもこの部分みたいです。

車両に関しては最低でも一台ないと話になりませんが、
引っ越しの作業員に関しては何人派遣するかは会社によるからです。

いくらくらいが相場かわからない

74258663d6c89153c1caaf8734bc52ae_s
定価はないものの相場はあると書きましたが、いくらくらいが相場なのでしょうか。
これに関しては、私の体験談として記載します。
ですので時期や条件などが違えばもちろん料金は変わります。一つの事例として読んでください。

  • 現在の間取り:1LDK 50平米
     二人分の荷物、全体的には平均より荷物少なめ
     家電・家具以外の荷物は段ボール20箱ない程度
  • 移動距離:30km程度

ざっくりと上記の通りの条件ですが、
– 車両費:25,000円
– 人件費:15,000円×2人
– 計:55,000円
だそうです。
しかし実際にはここに、家具の梱包費・開梱費が追加されるようです。
– 梱包費・開梱費:40,000円

  • 総計:95,000円

だそうです。如何でしょうか。安く感じる方も高く感じる方もいらっしゃると思います。

値段の交渉はできるのか

結論から言うとできます。
大手と言われる会社から、地元のみしかやらない密着系の会社まで、引っ越し業者は数多くあります。
数多くあるということは結局サービスのクオリティも様々ということになりますが、それゆえ査定の料金もバラバラです。

一括査定のサイトなども10社まとめて見積もりを勧めているところさえあります。

はじめに提示された見積もりは交渉の余地があると思っていても良いでしょう。
向こうも一回目の提示金額で取れたらラッキー程度で考えているはずです。

引っ越し会社の営業が一番嫌がるのは相見積もりなのだそうで、
現に来ていただいた営業の方も他社の金額について非常に気にしており、
一括査定サイトで問い合わせしたことを話すと他社からの連絡状況を聞かれました。

結果、一社机上査定で見積もり金額提示のあった会社の料金を伝え、着地しました。

どこが値引きされたのか

上記の会社で申し込みをしたわけですが、最終見積もりでどこが値引きされたか確認してみました。

  • 車両・人件費値引き

という項目があり、そこで料金の調整をされているようでした。
実際のところ、どちらから値引きをされたのかは詳細は記載がなかったです。

人件費と言っても社員やアルバイトの給料分と考えても求人誌を見るとだいたい日給8,000円から10,000円程度、
一日に何件か回るわけですから、引っ越し一件にかかる費用はもっと少なくなるわけです。

見えない部分として事務方のお給料や会社の取り分を足したとしても、割とこの部分は交渉があった時の料金などは乗っけているのでしょうか。

まとめ

d98e0c3bd09a64ce027358e26114a247_s
実は引っ越しというものをやるのは初めてでした。いくらくらいになるのか、手続きはどうなのかということを全く知らない状態で問い合わせをしました。
やること自体は単純で、
1. 問い合わせ
2. 訪問して査定してもらう
3. 申し込みを行う
この3点だけです。
訪問査定に関しては、やはりどうしても必要になってきます。マンションの作りの違いや、大きさなどが特殊な家電などあれば費用に差が出てきます。さすがに一律で料金を決めることはできないでしょう。

一律で料金を決めることができない、定価がないということは、裏を返せば引越し業者の言い値になってしまう恐れもあります。
少なくても2社は料金の提示を受け、検討することにしたいです。

しかしながら、引越し会社もボランティアでやっているわけではないので過度な交渉はお互いにとってあまり気分が良いものではないと思います。

大事な財産を運んでくれる会社選びですので、よく考えて決めるようにしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です