夫婦二人でドコモからみおふぉんへMNPしたら15,000円節約できた話

スポンサーリンク

まだデータがありません。

携帯の時代からスマホの時代になって、今まで大体15年くらい通信費を払い続けてきたわけですが、年々高くなるキャリアの通信費に嫌気がさして「格安SIM(みおふぉん)」へMNPを行いました。最近ようやく夫婦二人でファミリーシェアプランに移行が完了したので記事にしてみます。

15年前に比べたらいつの間にか通信費が2倍に

これは正確に調べたわけではなく、「あれ、こんなに通信費かかってたかな」と思ったので色々と記憶を探ってみた結果です。あの当時「携帯」の通信会社がドコモとJphone(vodaphone)とKDDIとかだったように思いますが、大体高くても5,000円程度がせいぜいだったように感じます。
それが年齢が上がるにしたがり利用シーンも増えてきたのか若干の増加はあったものの6,000円くらいにしかならなかったかと思います。(それでもやはり高いと思いますし、少しでも減らせればいいかなという金額です。)

10年前くらいにBlackBerryを利用

当時ドコモではBlackBerryBoldシリーズを展開していおり、その印象的な外観と、実際に触ってみたときの利用感が好みだったため思い切って機種変更をしました。
そしたらBlackBerry高いんです。BISという専用の契約をしないとメールやブラウジングが確か使えないとかで、今や詳しいところは忘れてしまいましたがセキュリティを活かすためにも契約が必須でした。とにかく基本のプランにBlackBerryの特別プランが乗っかるわけですから、周りの人たちと比べたら結構費用がかかっていたのを覚えています。
それと天秤にかけても当時のBlackBerryBold9000 9780 9900は日本語の早く正確で、キーボードも良好で良い機種でした。
次第にBlackBerryもドコモから発売されなくなり、9900で日本から一時的に姿を見なくなるわけですが、若干の飽きとiPhoneの発売などが重なりiPhoneへの機種変更を果たしました。

気づいたときには7,000円台

BlackBerryBoldのときには、今考えれば何にそんなに使っていたのかわかりませんが9,000円くらいを払っており、iPhoneに変えたことで7,000円くらいに一時的に落ち着きました。
ただこのときにすでにジワジワと月額の通信費が高くなってきており、プランを変えようが何しようがこのくらいが平均という状況でした。

何年契約しても割引なんてない

長期契約をしていると特典として何パーセントか割引が付いていたかと思いますが、それと比較しても値上がりの額の方が大きいため、全くもって焼け石に水。「割引なんてない」これが実際のところだと思います。

実質無料なんて解約させないためのもの

機種代実質無料というのが流行ってどのキャリアでもやるようになりましたが、通信費が大手3キャリアで不自然に横並びになっている現状ではお飾りのようなものです。通信費でその分いくらでも取り返せるわけですから。
一時期キャッシュバックキャンペーンが流行り、結果取り締まられるような形でなくなりましたが、あれを見ればわかる通り新規顧客を獲得するためならいくらでも現金を払うわりには長期契約者には特にこれといった特典もありません。実質無料なんていうものは、解約したくなった時に2年縛りの条件を盾にするためのものか、割賦代金を一括支払いが重い人を解約させないようにするためだけのものです。

いっときの出費だけを見ないで長期的な月額を見る

現在のキャリアの通信費に関して、私の周りなどに聞いても大体8,000円から10,000円くらいです。実際そのくらいの人が多いのではないでしょうか。内訳として、基本プランにパケット定額、それに機種代の割賦。これで大体そのくらいの金額になるはずです。機種代は一括で払っているという方は大体6,000円から7,000円くらいでしょうか。
正直この金額は下げようがありません。1GBプランのようなものが出るというような話もありましたが、結局5,000円くらい。年間で一体いくら払うことのなるでしょうか。計算してみてください。一人1万円だとして240,000円です。

違約金は10000円、機種代残金は?

違約金はどのキャリアでも9,500円くらいでしょうか。機種代に関しては時期にもよりますが契約して時期が立ってなくても100,000円くらいでしょうか。合わせて11万円くらい。非常に大きい金額です。バカにできない金額。しかしこの金額だけを見てMNPしないのは非常にもったいないです。

みおふぉんファミリープランはファミリーシェアプランは3,260円から10GB利用可能

フェミリーシェアプランの月額料金2,560円に音声通話機能付帯料700円を足した金額です。
二人で利用したい場合もファミリーシェアプランなら3,960円で10GBを分け合いながら利用可能です。

二人で20,000円が二人で3,960円に!

もちろん音声通話もついた金額です。もともとの金額を一人1万円かかっていたと仮定した金額ですが、およそ16,000円も節約できたことになります。
一年利用しても47,520円です。年間で大体19万円の節約になります。

違約金と機種代で払った一時金は大体7ヶ月で回収できる

月額16000円程度の節約になるのであれば、先ほど仮定した違約金と機種代残金110,000円は7か月で回収ができます。それ以降はかなり通信費が軽くなったことを特に実感するのではないでしょうか。

そもそも機種代残金はどうしようもない金額

機種代残金はその機種を使う限りどうしても払わないといけない費用です。どこのキャリアだろうが、いつ払おうがです。これを割賦払いにしておく必要は全くありません。払えるならすぐに払って格安SIMにMNPしたほうがメリットは高いです。
問題は違約金ですが、これに関しては時期によってかかる時とかからないときがあります。1万円。これも少しもったいないのですが、後何ヶ月も先にならないと更新月が来ないというのなら思い切っていますぐ格安SIMに変えましょう。
毎月の支払い差額でメリットの方が大きいことが多いです。

まとめ

色々な支出がありなかなか家計の見直しができていないという人も通信費はいまや節約の第一候補に挙げてもいいくらい簡単に改善できます。
格安SIMって繋がりにくいんでしょ安かろう悪かろうなんでしょ?という方、そうでもないです。実際に私は不便を感じたことがありません。快適に使えています。
一時金が大きく感じてなかなか踏み出せていない方も早めにMNPしてみることをお勧めします。かなり節約という面で効果を感じてもらえると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です