MacBook12インチのディスプレイが小さく感じるなら「Display Menu」で解像度を上げてみて

2048*1280

MacBookいいですよね。12インチ。Retinaディスプレイ。

薄くて軽くて持ち運びにもいいし、パッと取り出して起動も早くて。

Retinaディスプレイなので、12インチの画面にしては結構広々使えている感じもするんですが、やはりもう少し広いと嬉しいなって。

そう感じる時もあります。そんな時にオススメの「Display Menu」というアプリを紹介します。

 

私の環境はメインにiMac27インチ、たまにMacBook12インチという感じです。

iMac27インチのディスプレイは使った後にMacBook12インチを使うとさすがに狭いなと感じます。

 

ブログを書くときなんかは調べ物しながら書いたりもするので、ウェブブラウザを二つ開いて並べて置ける広さが欲しいのです。

MacBook12インチだとできないこともないのですが……。

 

もちろんアプリがなくても解像度を変更できますが、一番大きくしても1440*900。

これをさらに高めるアプリが「 Display Menu」です。

 

Display Menuなら2560*1600まで変更可能

The app was not found in the store. 🙁 #wpappbox

Links: → Visit Store → Search Google

これ本当にオススメ。

インストールするだけで特別何かの設定は不要です。

display menu マックブックの解像度を上げる

画像の通りディスプレイ上部のアプリアイコンをクリックすると各解像度を選べます。

ちなみにMacBook12インチがデフォルトで選べる解像度は下記の通りです。

 

MacBook12インチ 解像度変更

画像の通り4つから選べるのですが、最大サイズで1440*900

どのくらいのサイズなのかというと、

1440*900 1440*900

このくらい。

ちょうどいいといえばちょうどいい。けどもう少し情報量が欲しいと個人的に思います。

 

オススメは2048*1600

次に2048*1600これが一番オススメです。

2048*1280 2048*1280

ヤフージャパンもスクロールすることなく左右のカラムが全部表示されています。

右上のフォルダも見てもらうと、さっきの1440*900とよりかなり画面を広く使えていることがわかると思います。

 

MacBook12インチでかなりの作業領域を確保することができました。

 

2560*1600はもう文字読めない

最後におまけで最大解像度の2560*1600。

これかなり作業領域確保できますが、ここまで行くともう文字が読めない。実際使うことを考えるとちょっと辛い。

2560*1600 2560*1600

これを12インチのディスプレイで見ると辛いです。

 

MacBookかなりいいけど、ディスプレイが少し小さいんだよねーって人このアプリ試してみてください。

MacBookの軽さ薄さ小ささなんかをそのままに快適な作業領域を確保できます。

どうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です