ブログをやるなら独自ドメインを取得してワードプレスの有料テーマ使うのがいいかもね、ってそんな話。

スポンサーリンク

まだデータがありません。

ブログを始めて書き始めたのが大学在学中の頃。その時はちょうどブログが流行り始めた頃だったということもあり、レンタルブログに登録して、毎日のことを書き綴っている日記のようなものを一年と少し程度運営していた。正確に言えば運営というほどでもなく、適当に書きなぐって大学の友人がたまに見てリアクションがある程度で、いわゆる日記。

またブログやってみようかなと思い、再度始めたのが、割とガジェット系が好きなこともありそれ系の内容。結構ニッチなガジェットが好きだったこともあり、安定してアクセスはあるものの伸びはせずといった状況。現在もほとんど放置ながら少なからずアクセスはあるみたい。

今回また新しくブログを書きなおそうと思った理由が少し生活環境に変化があったから。自分の空間と机が手に入ったのと住む街が変わったということで心機一転でやってみようかなと。多分二個目のブログと並行しながら書いていくことになるとは思うのだけれど方向性だとかを明確に分けられるようにしていきたい。

ブログに関しては三つ目のものになるのだけれど、これからブログつけてみようかなって人に少しでも参考にしてもらえると嬉しいと思う。
ブログをやるなら独自ドメインを取得してワードプレスの有料テーマ使うのがいいかもね、ってそんな話。

どうしてワードプレスなのか

ブログを始めるのなら、アメブロやlivedoorブログ、FC2などのブログサービスを使う方が手軽な上に費用もかからない。しかし、これから中長期的にブログを運営しようという人はワードプレスでブログを作ることを考えて欲しい。
圧倒的なカスタマイズ性はブログを続けていくに従って出てくるだろう方向性の変更にも対処ができる。ブログを成長させて情報サイトのようにしていきたい、画像を多く載せて華やかにしたい、そういった要望にも豊富なテーマで即座に対応が可能だ。

ブログサービスを使うということは、そのサービス運営会社の方針に、ブログの今後が左右されるということになる。逆にメリットを享受することもあるのだが、中長期的なブログ運営を考えているのなら、何から何まで自分で設定やカスタマイズができるワードプレスを利用した方が、先々他のブログやサイトを作ろうとした時にも今までのノウハウがきっと役にたつ。

またSEOに強いというテーマも豊富にあることも非常に魅力的だ。

ワードプレスでブログを始めるにあたって

ワードプレスは個人でブログを始めるならば、お勧めのブログソフトウェアだ。多彩なテーマやカスタマイズ性。ただ始める時が少し手間になるかもしれない。
具体的にはドメインの取得とサーバーのレンタル。そしてサーバーにワードプレスをインストールをしなくてはいけない。サーバーへのインストールについてはおそらく利用しようとしているサーバーにやり方が書いてあるはずなので、よく読んでみればわかるかと思う。正直に言うと初めてワードプレスを利用しようとした時、サーバーへのインストールで少しつまずいた経験がある。さすがにできたが、初めて聞くような単語も多く理解するのに少し時間がかかった。

ドメインの取得と、サーバーレンタルは表示に従って進めるだけなので引っかかるような事は特にないと思う。

ドメインの取得とサーバーレンタル

ワードプレスの導入にあたって用意しないといけないのがドメインとサーバー。ドメインについてはこれから作るブログサイトの住所になるURLとも関係するし、ブログ用のメールアドレスが欲しいならこちらにも関係する。具体的には「http://」以降の部分、メールで言うと「○○○@」以降の部分。好きな文字列で取得が可能だけど、人気のあるものはすでに所有されてしまっており、同じものは手に入らない。
サーバーは先ほどのドメインで作ったブログサイトを置かせておいてもらうところというイメージ。各社がそれぞれのプランを出していますが、「さくらサーバー」「ロリポップ」「ヘテムル」「お名前 .COM」どこも一長一短。どこのものを選んでもそこまで困ったり得したりすることはないと思う。

独自ドメインを取る理由

ただの日記にするのであれば無料のレンタルブログを使えばいいのだが、どうして独自ドメインをわざわざ取得してブログをやるのかといえば、①愛着が持てる②無料はサブドメインがダサい③長期運営することで資産になるから、この三点。①と②に関しては主観が入っているところもあるが、③に関しては長期的にブログを運用している人は大体公言しているように思う。

「ブログは資産になる」

ブログが資産になるということはどういうことか、これについては運営している人によって変わってくる。ブログ自体にグーグルアドセンスなどのクリック報酬型の広告を貼り付けて運営し、月ごとに定期的な収益を得る。他に仕事をしている人がセルフブランディングのためにブログを運営する。サイト内で自分で作った商品などを販売する、その商品提案の場としてブログを運営する。など様々な使い方が考えられる。
無料ブログでももちろんそれなりの期間を運営してさえいればアクセスも相当数集まるかもしれない。しかしながらいつかその無料ブログの提供が終わってしまったりしたらどうだろうか。また、自社商品を提案したいブログなのに他者のドメインにぶら下がっているサブドメインというのも格好がつかない。そもそも広告を張れないブログサービスもあって収益化が難しい場合もある。

よって、繰り返しにはなるが広告収益を狙うにもセルフブランディングに活用するにも、まず独自ドメインでブログを始めることが良いと思う。誰かに借りているわけではないそのドメインは、必ず資産になる。

なぜ有料テーマを使うのか

ワードプレスに関心を持っている方ならご存知だろうが、ワードプレスはオープンソースだ。よって世界中の誰もが開発に参加ができる。また世界中の人がテンプレートのカスタマイズを行い、テーマとして提供されている。しかも無数のテーマが無料で提供されている。本当に導入の初期段階では無料のテーマを使って更新していくことになるかと思うが、しばらくすると必ず「ここがこうだったら」とか「あのブログはデザインがすぐれている、自分のブログもあのようにしたい」など欲求が出てくるだろう。

あえてなぜ有料のテーマを使うかというと、自分でカスタマイズをしてデザインや広告配置を変えていく時間を考えれば有料のものを使ったほうが遥かに早いし、すでにできているものを納品されるわけで動作が不安定になることもない。知識のある方であれば問題はないのかもしれないが、正直言って時間をかけてとphpの知識を新たにつける労力とコストを考えたら有料テーマを購入したほうがメリットは大きいように思う。

無料にはないブログ記事に専念できる作り

無料のテーマも相当数あるものの、有料のテーマに関しても相当な数の会社がそれぞれの目的にあったテーマを販売している。非常にデザイン性の高いものも多数あり、またショートコードなどそのテーマ内で使える便利なものを実装していたりする。広告の配置に関しても効果の高い場所に配置できるようになっていたりと、ブログ記事の執筆に専念できるようになっているものが多く存在している。

ブログはコンテンツの量と質がものを言うと思う。いつの間にかブログ記事へ割く時間よりもテーマのカスタマイズに割く時間の方が多くなっていたということは避けたい。

他のブログとかぶらない見た目

ここも結構個人的には大切に感じているところ。正直ブログの良し悪しはコンテンツの内容がほとんどだと思う。また訪問してみたくなる、他の記事も読んでみたくなる内容、これが一番大事。見た目のデザイン性の高さや、オリジナリティは二の次かもしれないが、サイトを訪問した時に記事を読もうと思わせる第一印象は大切だと考える。
人の第一印象は3秒で決まるとはよく聞くが、ブログについても読みたくなるようなレイアウト、デザインはあるように思える。また、他のブログとは少し違うなと感じさせるような、見た目の独自性というのは人を惹きつける要因になり得ると思う。
どうしてワードプレスなのか、でも書いた通りブログもしばらく続けていくと当初まだぼんやりとしていた方向性のようなものが固まってくる。その方向性に合わせたデザインやレイアウトのテーマに変更をする事が結構気軽にできてしまう。この部分は繰り返しにもなるがワードプレスを使うメリットに思う。テーマを変えればSEO上の影響や、今までの広告配置と収益が変わってきたりと結構具体的な問題が出てくるかと思う。しかし、そのことについても最大の効果を発揮するものを目指していけるのだと考えるとあまりデメリットとしては大きくない。

まとめ

今後ブログを始めようかと考えている人、有料テーマに手を出そうか迷っている人、そんな人の後押しになれば嬉しい。
ブログは更新し続けていれば、最悪更新しなくても内容にオリジナリティや有用性があればアクセスを集め続けてくれる有効なメディアとなり得る。どのような運用にするかは人それぞれだが、自分の持ち物にこだわりを持つようにブログのドメインやデザインなどこだわって愛着のあるものにしていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です